エイジングケアの達人ブログ日記

マカロン
ナポレオン
HOME => 厳しい夏が終わった秋口から冬にかけ

厳しい夏が終わった秋口から冬にかけ

厳しい夏が終わった秋口から冬にかけてと時節の変わり目には、くれぐれも肌の乾燥には気を付けたいものです。皮膚の薄い目の周りなど、鏡で良く見ると細かいシワがちりめん状になりますし、乾燥があまりに進み、赤く腫れたようになったこともあります。こんな乾燥注意な時期、大切な肌を守るためのスキンケアは細心の注意を払って行なっている訳ですが、基本の化粧水や乳液でのケアだけでなく、とうとうオイルの使用も欠かさなくなりました。オイルも調べるとなかなか奥が深くて、追及すると楽し沿うですがオリーブやココナッツ、ホホバなど、天然成分の美容オイルをよく使っています。

近年では、オールインワン化粧品がすっかり生活に馴染みましたね。その中でもエイジングケアのオールインワン化粧品に関しましては、各社とも注目をしているようです。

配合成分は、コラーゲン、ヒアルロン酸(1940年代に、競走馬の治療に使われたことがきっかけで、人の医療などにも使われるようになったのだとか)、セラミドなどといわれる保湿と結びつくものが多く見られますが、アスタキサンチンが注目の的になっていることもあり、赤い色の若返り化粧品が多くなってきています。シミだらけのお肌になってしまったら、本当の年齢よりも年上に見られがちなものです。
年齢を重ねるにつれて、傷の治りも遅くなり、少しの日焼けでも大きなダメージとなってしまうので、肌のケア、特に日焼け対策は怠れません。キャップや日焼け止めなど、普段身に着けるものでなるべく紫外線を浴びないようにし、それとともに、トマトやキャベツといった食べ物によってビタミンCを、できるだけ摂るようにしましょう。
乾燥肌の人はとにかく保湿することが大切です。

乾燥肌の人は保湿を体の外からも内からも忘れないでちょーだい。

体の外からという意味は、肌に直接水分補給を行って、保湿、保水をするという意味です。
顔を洗う際には刺激の弱い洗顔料を使用するか、洗顔料なしでぬるま湯によって軽く表皮に付いた汚れを落とすように洗顔しましょう。軽く洗顔したら、間を置かず、化粧水で保湿することを忘れないでちょーだい。肌にシワができる原因は、細かく挙げれば多彩なのです。



しかしながら、原因の一番大きなものとされているのが、乾燥です。


皮膚の水分が不足する事で乾燥が進み、これがシワの発生に繋がるのです。

顏の中でも目尻というパーツは、皮脂の分泌が少ない部分であり乾燥の影響をうけやすくなっており、どこよりも早く、小ジワが出てくることになります。


それからこれも加齢に伴う自然現象ですが、皮膚の張りを保っているコラーゲン、ヒアルロン酸(1940年代に、競走馬の治療に使われたことがきっかけで、人の医療などにも使われるようになったのだとか)、これらは減っていくばかりですから、これによってもシワ、たるみは増えていくことになるのです。
潤いのある肌は保湿が十分できていて、シミもできにくい肌になります。



水分が逃げない、うるおいのあるお肌は水分と油分は最適のバランスで保たれていて、整ったきめで肌が守られています。


潤いと整ったきめがバリア機能を高め、紫外線によるダメージを減らすことができてシミ予防の役割も果たしています。



肌の乾燥には、シミ予防の意味からも注意を払ってちょーだい。

ほうれい線を消す時は、ビタミンC誘導体の化粧品を試してみるといいでしょう。ビタミンC誘導体には、細胞を更に活発化させるはたらきが見られるとされ、コラーゲンを増やすことで知られております。その後、美顔機やローラーでお肌をコロコロお手入れすると、よりいっ沿う効果が期待できます。アトピーが気になっている人は、肌が敏感な人用の天然成分だけでできているようなスキンケア用品を使用することが望ましいです。

中には塩水で治癒するという説もあり、風呂桶のお湯に塩を混ぜたり、夏は海で頻繁に海水浴をすると状態が改善すると言われています。
しかし、実は、患部にはひっかいた傷があることがほとんどで、この方法では大変しみてしまうのが欠点です。水やお茶で毎日2リットルの水分を摂ると健康に役たちます。
お肌のためにも、十分水を摂らなくてはなりません。水分不足はお肌の血行を悪くし、老廃物や有害物質がお肌にたまって、お肌のくすみやシミが目立ってしまいます。

また、肌の奥から乾燥して、くすみも小じわもほうれい線も増えて目立ってきます。



水分不足にはくれぐれも気をつけましょう。

人はそれぞれで肌質は違っています。普通肌、乾燥肌、敏感肌(低刺激性の洗顔料を使って正しく汚れを落とし、しっかりと保湿を行い、肌が乾燥しないように気をつける他、食生活や生活習慣なども見直す必要がありますね)など、いろいろな肌質がありますが、訳でも、敏感肌(低刺激性の洗顔料を使って正しく汚れを落とし、しっかりと保湿を行い、肌が乾燥しないように気をつける他、食生活や生活習慣なども見直す必要がありますね)の人は、スキンケア商品ならなんでも適しているとは言えません。



万が一、敏感肌(低刺激性の洗顔料を使って正しく汚れを落とし、しっかりと保湿を行い、肌が乾燥しないように気をつける他、食生活や生活習慣なども見直す必要がありますね)用ではないスキンケア商品を使用してしまうと、肌に負荷をかけてしまうこともあるので、注意しましょう。

関連記事

道
Copyright (C) 2014 エイジングケアの達人ブログ日記 All Rights Reserved.